おっぺ川灯籠流し

おっぺ川灯籠流し



カテゴリ:[ レジャー ]


91件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[92] 改めて中止のお知らせ

投稿者: 実行委員会 投稿日:2020年 7月26日(日)10時39分6秒   通報

先日来の大量降雨と長雨により、越辺川が増水しています。
幸いにして越生町では土砂災害は発生していないようですが、油断は禁物です。
本来でしたら、この時期には「越生まつり」が予定されていますが、
今年はコロナウィルス禍の影響で中止。

改めてお知らせいたしますが、おっぺ川灯籠流しも中止です。
来年にぜひ期待し、お待ちください。
皆様も健康と安全に留意し、お過ごしくださいますようお願い申し上げます。




[91] 第8回灯籠流しは中止

投稿者: 実行委員会 投稿日:2020年 4月26日(日)13時08分6秒   通報

越辺川遊歩道遊歩道沿いでは、いま山吹の花が最盛期。可憐な黄色い花を咲かせています。

さて、第8回おっぺ川灯籠流しの開催可否について、本日4月26日、
三密を避け、いこいの広場わきに東屋にて臨時の役員会を開き、決定いたしました。

第8回は中止とします。
新型コロナウィルスの感染拡大が止まらない中、どうか皆様も十分に健康に留意し、
お過ごしください。

写真1 遊歩道沿いに咲く山吹
写真2 屋外で、互いの距離も十分に取り、マスク着用で行った臨時の役員会



[90] 桜吹雪舞う中で

投稿者: 実行委員会 投稿日:2020年 4月 6日(月)13時49分48秒   通報    編集済

桜吹雪舞う中で、護岸と遊歩道の復旧工事が進んでいます。
如意(ねおい)堰上の護岸もあっという間に法面が復旧。



[89] 復旧工事が進んでいます

投稿者: 実行委員会 投稿日:2020年 3月30日(月)10時26分0秒   通報

台風で損壊した護岸の復旧工事(仮復旧)が進んでいます。
土砂の堆積により河水面も大きく変わっています。
今後どのような形で復旧が進められるのか、見守りたいと思います。



[88] サクラ咲く春

投稿者: 実行委員会 投稿日:2020年 3月23日(月)14時29分2秒   通報

越辺川遊歩道沿いのサクラが咲き始めました。
例年より一週間近く早いかもしれません。
見ごろは今週末から来週にかけてかもしれません。

また、大きくえぐられた護岸の修復工事も始まりました。
安全に工事が行われるよう願います。




[87] 梅まつりが始まりました

投稿者: 実行委員会 投稿日:2020年 2月19日(水)15時50分24秒   通報

灯籠流し会場から上流にさかのぼること約2キロ。
関東三大梅林に数えられる越生梅林では、2月15日より「梅まつり」が
開催されています。期間は3月22日まで。

ただ、今年は(今年も?)梅の開花が早く、早期に満開を迎えるかもしれません。
どうぞ、お早めにお越しください。
開花情報は、詳しくは越生町観光協会まで。電話049-292-1451



[86] 台風19号より一か月(2)

投稿者: 実行委員会 投稿日:2019年11月14日(木)20時12分38秒   通報

前回書き込みの続きです。

一枚目 川岸にある木。幹に巻き付いた枯草から増水時の水位が想像されます。
二枚目 中央橋・八高線鉄橋のアンダーパスに設置されたガードフレームの片側が消失。
三枚目 ガードフレームは川に流されていました。



[85] 台風19号から一か月

投稿者: 実行委員会 投稿日:2019年11月14日(木)20時00分54秒   通報    編集済

19号台風から一か月が過ぎ、木枯らし一号が記録された今日11月14日。
改めて越辺川の遊歩道を、会場から上流に向け歩いてみました。

一枚目 ひと抱えもあるような石が川岸に!
二枚目 遊歩道沿いに植えられた桜は、すっかり秋の装いです。
三枚目 なんと護岸の基礎部分が削られてしまったために、護岸の一部が崩落しています。



[84] 11月になりました

投稿者: 実行委員会 投稿日:2019年11月 4日(月)19時17分36秒   通報    編集済

11月に入り、越辺川の水量もようやく落ち着き、水も澄んできました。

一枚目 堰ていの破損は、やはり甚大なものと思われます。(個人的な解釈です)
二枚目 改めて見ると、増水時の水の勢いを抑えるために様々な工夫がされていました。
(にもかかわらず、コンクリートブロックに障害を与えるほど激しい水流があったことがわかります)
【注】本来なら規則正しく並んでいたはずのブロックが乱れていることに注意。
三枚目 JAの直売所駐車場から上流を望む。流れの方向に対し右岸が大きく削られています。

日本という国は、小さく狭い国土に大量の雨が降るために、治山治水を心掛けないと河川氾濫による
洪水や土砂災害が発生しやすい。というのは、数十年前の小学、中学の教科書で学んだことです。
これは、日本という国土に住まう限り、避けられない宿命。ゆえに公共事業は必要なのですが。



[83] 増水止まらず

投稿者: 実行委員会 投稿日:2019年10月26日(土)18時49分40秒   通報

台風19号による増水が収まらないまま、追い打ちをかけるように低気圧による大雨。
越辺川の増水が止まりません。
水位は減ったとはいえ、相変わらず濁った水が流れています。

一枚目 灯籠を流し始める河川敷には、あちこちにトレンチ(溝)ができています。
二枚目 堰ていから上流を俯瞰してみると増水跡がうかがえます。先の19号でえぐられた飯能寄居線バイパス側、川岸の崩落がさらに進んでいます。
三枚目 崩落部分の拡大。さらに雨量が増えたりしたら、かなり危ういことになったかもしれません。


レンタル掲示板
91件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.