祈りの掲示板

志のない者入るべからず



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


2226件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[2147] 20190109

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2019年 1月 9日(水)04時00分10秒 zaq7ac4d037.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

かけまくもかしこき
掛巻くも畏き。
ちゅういち●のおおかみたちのおおまえに
宇宙一●ノ大神達の大神達の大前に。
かしこみかしこみもをさく
恐み恐みも白く。
くしくたへなるみたまのふゆによりて
奇しく妙成る御霊の不賴に依て。
うましけんあめがしたもろひとびとが
産化しけん天下諸人々が。
れいしんいったいうちゅういち●のかみわざをあまねく
霊神一体宇宙一●の神業を普く。
しろしめせとひろきあつきおほいつくしみをたれたまひ
所知食と廣き厚き大愛を垂れ給ひ。
このうつしおにかみのあかしやもとつのり
此の現世に神の證や元理教。
おしえのおやをうましたまひて
教えの祖を産化し給ひて。
たまのみはしらなにわのさとにふとしきたて
霊の御柱浪速の都に太しき立て。
おしえのみちにたまつどい
教の美智に霊集ひ。
ましらたまのわけみたまさずかりえて
眞白玉の分霊授かりえて。
ちょうわのすがたいえのうちそと
調和の姿家の内外。
あめがしたよものくにやすくおだたかに
天下四方の国安く穏に。
いえのなりはいいさかにいそしみつとめ
家業培彌榮に勤み務め。
たゆむことなくをこたることなくたまかずらのたゆることなく
緩事無怠事無玉葛の絶事無。
ろっこんせうじょうとはらいたまひて
六根清浄と祓給て。
あさにゆふべにとほつみをやよよのおやたち
朝に夕に遠津御祖代々之祖達。
うやからのみたまをつつしみうやまひ
親族の御霊を慎み敬ひ。
いえにもみにもまがことあらせず
家にも身にも枉月事在せず。
くしびなるみたまのふゆに
奇毘なる御恩賴に。
むくいまつらむとして
報いて奉らむと爲
たたえことをへまつるさまをたひらけくやすらけく
稱辭意奉る?を平けく安らけく。
きこしめせとかしこみかしこみまをす
聞食と恐に恐みも白す




[2146] 20190109

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2019年 1月 9日(水)03時59分3秒 zaq7ac4d037.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

浄霊
http://sky.geocities.jp/black_se/jyorei.mp3



[2145] 20190109

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2019年 1月 9日(水)03時57分15秒 zaq7ac4d037.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

人間と真実の生き方

   人間は本来、神の分霊(わけみたま)であって、業生ではなく、常に守護霊、守護神によって守られているものである。
この世のなかのすべての苦悩は、人間の過去世から現在に至る誤てる想念が、その運命と現れて消えてゆく時に起る姿である。
いかなる苦悩といえど現われれば必ず消えるものであるから、消え去るのであるという強い信念と、今からよくなるのであるという善念を起し、どんな困難の中にあっても、自分を赦し人を赦し、自分を愛し人を愛す、愛と真と赦しの言行をなしつづけてゆくとともに、守護霊、守護神への感謝の心をつねに想い、世界平和の祈りを祈りつづけてゆけば、個人も人類も真の救いを体得できるものである。
https://www.youtube.com/watch?v=c0qPoFghYts



[2144] 20190109

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2019年 1月 9日(水)03時55分8秒 zaq7ac4d037.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

消えてゆく姿で世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私達の天命が完うされますように
風さんの天命が完うされますように
ひぐりんの天命が完うされますように
さっちゃんの天命が完うされますように
みかの天命が完うされますように
ボラボラさんの天命が完うされますように
だるまさんの天命が完うされますように
ひぐりん家の水子の霊の天命が完うされますように
動物好きの先祖代々の霊の天命が完うされますように
さっちゃん家の先祖代々の霊の天命が完うされますように
神田家の先祖代々の霊の天命が完うされますように
守護霊様、守護神様、親様、元首様、比叡山の神々様、五井先生、宇宙大神様ありがとうございます。
五井昌久先生の統一とご法話
https://www.youtube.com/watch?v=cKe1ADxCcB8
五井先生 統一03
https://www.youtube.com/watch?v=aSTdiowH8QE1



[2143] 20180108

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2019年 1月 8日(火)04時42分38秒 zaq7ac4d037.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

摩訶般若波羅蜜多心経
https://ja.wikisource.org/wiki/%E6%91%A9%E8%A8%B6%E8%88%AC%E8%8B%A5%E6%B3%A2%E7%BE%85%E8%9C%9C%E5%A4%9A%E5%BF%83%E7%B5%8C
https://www.youtube.com/watch?v=InkJE2PMX3Y

摩訶般若波羅蜜多心経P2
それは摩訶般若派羅蜜多心経、これを、
つづめて、般若心経という経文です。
「観自在菩薩。深般若派羅蜜多を行する時。
五?階空なりと照見し。一切の苦厄を
度し給ふ。
舎利子よ。色は空に異ならず。
空は式に異ならず。
色は即ち空にして、空は、即ち、
是れ色となる。
受想行識亦これ空の相に
して、生ぜず滅せず、垢つかず、清からず。
増やさず減ぜず。是の故空中には式無く。
眼耳耳鼻舌身意も無く。色声香味触法もなく。
限界も無く乃至無意識界
も無く。
苦集滅道も無く。智も無く。亦説も無し。
??無きが故に恐怖有る
が故に恐怖有ること無し。
一切の?倒夢想を遠離して、涅槃を究す。
三世の諸仏も般若波羅蜜多は是れ大神呪なり、
是に般若派羅蜜多の呪を説く。即ち呪を説いて日まわく。
羯諦、波羅、波羅羯諦。波羅僧羯諦。菩じそわか。般若心経」
 さあ、これだけ聞いて、このままわかったらすでに大智者です。

摩訶般若波羅蜜多心経P3
ですから一般には色は即ち空にして、空は、
即ち是色となる、いわゆる、色即是空、空即是色
、という言葉だけが伝わっているのです。
しかし、この意味も正確には、正確には、どういうことか、
わかっていないのです。
しかしこの教えは実に最も深く、最も真実な宇宙観であり、
人間観なのです。釈尊は、印度の人であり、
この経文も漢訳されたものを日本語読みにしている
だけで、このままでは、只単なる呪文的経文であって、
一般の人達にわかりようがないのです。
そこで、種々な人が、各自の悟りの程度によって、この
経文の解釈をしておられました。
私も、私なりにここでこの解釈をしてみようと
思います。
 これは、釈迦牟尼仏が、十大弟子舎利弗に対して、
観世音菩薩が深い最高の統一に入って、
正しい悟り、つまり、正覚を得た宇宙観、を説いたものであります。
観世音菩薩といっても、これは、釈尊自身の正覚を観世音菩薩の
覚りとして説いているわけなのです。

摩訶般若波羅蜜多心経P4
色即是空・空即是色

 深般若波羅蜜多を行ずる時と言うのは、深い最高の統一に入って、
神と一つの大智慧を獲得した時ということで、
その境地に入ったら、五感に感ずるすべてのものは
皆空である脱した時の宇宙観、人間観を説いているのです。
この中で一番大事な言葉は、、やはり一般に知られている、
色不異空(色は空に異ならず)、空不異色(空は色に異ならず)、
色即是空(色は即ち空にして)空即是色(空は即ち是れ色と
なる)という言葉です。これがわかりさえすれば、後の言葉は
すべて、その説明ということになってくるのです。
ところがこの言葉の解釈が非常に、
誤ちになっていて、いわゆる
単純な空観に脱する人が多くなっているのです
。色即是空と空即是色を、只単に同じことを
ひっくり返しになっているのだと思い込んで、色、即ちものはすべて
空なのだ、この世に現れているすべてのものは
空なのだ、無いのだ、という否定的の
面だけに捉われて、
しまって、この人間の肉体をはじめ、眼に見、手に触れるすべてのものは
、自己の肉体消滅と共にやがて無くなってしまうもの、返りの姿、実在でないもの、
というように解釈しているのです。それにこの経文のほとんどが全文がない
という、無という、言葉に尽きているこのように、解釈するのが、
無理のないことです。しかし、これだけでは実に困るのです。これでは
虚無主義とあまり変わりがないし、人間の現象画の進歩とか、
前進とか、には、まるで、役にたたぬ、思想になってくるのです。

摩訶般若波羅蜜多心経P5
どうせ、死ねば空に溶け込んでしまうもの
、そのまま無になってしまうもの。
個性も何もなくなってしまうもの
、というのは、というのでは唯物論とも
変わなくなりますし、かえって、
唯物論より積極性がないだ
人生を空なのだ、と直感態に想える
人は、この世にそう滅多にありません。
。一般はどうしても諸行無常式に、
今は有るのだけどもやがて
無くなるのだから、空だといい、無だといい、
無駄というのだろう、ぐらいの、
思い方より出来ないと思います。
そんな、思い方を一般の人達にさせる
ようでは、只締め式の思想になって
釈尊の高い悟りとはまるで
違ったものに、なってしまいます
。色即是空、空即是色とは、そんな
浅い思想ではありません。
釈迦牟尼仏が、最高の統一から、
新我一体となり、
人間の本体を大智慧によって、直感した
言葉であって、色即是空、空即是色と二つ重ねた
ところに、
深い意味がある。のです。
はじめの色というのは、現実界(五感)幽界(六感のすべてのものを、
言うのです。どうして色と言うかと言いますと、
これは、後の空即是色の色のところ
でくわしく述べますが、ものすべて色素で出来ているので
無色というものは、一つも無いのです。
ものは、すべて、色わけに、よっているのです。
この色が即ち空である、というのです。
この眼で、実在と見えている、
物質はすべて、空だというのいです。
この説は、現今でわりあい
知識としてわかりやすくなっています。
それは、自然科学の進歩に
よって、分子、原子、電子、中間子、原子核、
という、ような、微粒子が発見され
、その微粒子も波動の組み合わせ
から、成り立っているという。
実観としては、物質はやはり
固まった固形した物に見えるのです。
ですから、
五感に見え、聞え、触れるものは、
このまま空なのだ、ということは
なかなか、実観として観じ得ないのです。
そこで成る人々は、世俗の
中から抜け、山に入って、肉体放棄的苦行をして
この空観に達しようとしたのです。
物質が、現在と見え、生老病死が有る
ように、見えては、安心立命の境界に
至ることが出来ない、とある人々は一様に思ったでしょう。
釈尊もその一人であったのですが、三十数歳の時に、この色即是空、空即是色の正覚に達しえたのです。
---------------------------------------------------------------------------------------
では、次に、般若心境です。
これは、実際は釈尊は法華経まで、説きましたが、
舎利弗が唯一これを理解できました。
ので、説明しても理解できないので、説明は省きます。
波動で、理解してください、
観世音菩薩が深い最高の統一なんて、一般人には理解できません。
法華経を理解できた人については、法華経の章でやりましょう。

 深般若波羅蜜多を行ずる時と言うのは、深い最高の統一に入って、
神と一つの大智慧を獲得した時ということで、
その境地に入ったら、五感に感ずるすべてのものは
皆空である脱した時の宇宙観、人間観を説いているのです。

というように最高の統一の境地に入った時です。

空なのだ、この世に現れているすべてのものは
空なのだ、無いのだ、という否定的の
面だけに捉われて、
しまって、この人間の肉体をはじめ、眼に見、手に触れるすべてのものは
、自己の肉体消滅と共にやがて無くなってしまうもの、返りの姿、実在でないもの、
というように解釈しているのです。それにこの経文のほとんどが全文がない
という、無という、言葉に尽きているこのように、解釈するのが、
無理のないことです。しかし、これだけでは実に困るのです。これでは
虚無主義とあまり変わりがないし、人間の現象画の進歩とか、
前進とか、には、まるで、役にたたぬ、思想になってくるのです。

摩訶般若波羅蜜多心経P5
どうせ、死ねば空に溶け込んでしまうもの
、そのまま無になってしまうもの。
個性も何もなくなってしまうもの
、というのは、というのでは唯物論とも
変わなくなりますし、かえって、
唯物論より積極性がないだ

ですので唯物論より積極性がないので、
よくないのです。

人生を空なのだ、と直感態に想える
人は、この世にそう滅多にありません。
。一般はどうしても諸行無常式に、
今は有るのだけどもやがて
無くなるのだから、空だといい、無だといい、
無駄というのだろう、ぐらいの、
思い方より出来ないと思います。
そんな、思い方を一般の人達にさせる
ようでは、只締め式の思想になって
釈尊の高い悟りとはまるで
違ったものに、なってしまいます
。色即是空、空即是色とは、そんな
浅い思想ではありません。
釈迦牟尼仏が、最高の統一から、
新我一体となり、
人間の本体を大智慧によって、直感した
言葉であって、色即是空、空即是色と二つ重ねた
ところに、
深い意味がある。のです。

というように理解するには、最高の統一の境地に入らないと
わからないので、あります。

はじめの色というのは、現実界(五感)幽界(六感のすべてのものを、
言うのです。どうして色と言うかと言いますと、
これは、後の空即是色の色のところ
でくわしく述べますが、ものすべて色素で出来ているので
無色というものは、一つも無いのです。
ものは、すべて、色わけに、よっているのです。
この色が即ち空である、というのです。
この眼で、実在と見えている、
物質はすべて、空だというのいです。
この説は、現今でわりあい
知識としてわかりやすくなっています。
それは、自然科学の進歩に
よって、分子、原子、電子、中間子、原子核、
という、ような、微粒子が発見され
、その微粒子も波動の組み合わせ
から、成り立っているという。
実観としては、物質はやはり
固まった固形した物に見えるのです。
ですから、
五感に見え、聞え、触れるものは、
このまま空なのだ、ということは
なかなか、実観として観じ得ないのです。
そこで成る人々は、世俗の
中から抜け、山に入って、肉体放棄的苦行をして
この空観に達しようとしたのです。
物質が、現在と見え、生老病死が有る
ように、見えては、安心立命の境界に
至ることが出来ない、とある人々は一様に思ったでしょう。
釈尊もその一人であったのですが、三十数歳の時に、この色即是空、空即是色の正覚に達しえたのです。

ですので理解するには、統一に入って、
深い統一に入らないと理解できないので、
あります。

ですので、
統一が
大切なんです。




[2142] 20180108

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2019年 1月 8日(火)04時40分57秒 zaq7ac4d037.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

諸霊供養霊徳碑文
しょれいくようれいとくひぶん

慈光円融円満 大聖法徳
じこうえんゆうえんまん だいせいほうとく
諸行法徳 大元實楽 光明聖師 請願功徳
しょぎょうほうとく だいげんじつらく こうみょうせいしせいがんくどく
一切行法 諸天善神
いっさいぎょうじょう しょてんぜんじん
大円法楽 諸行霊徳霊覚
だいえんほうらく しょぎょうれいとくれいとくれいかく
諸善善神悉皆
しょぜんぜんじんしっかい

妙力妙徳妙光
みょうりょくみょうりきみょうこう

以上、三回

この経を持諸する時は普く この家の諸霊に霊徳を賜い

このきょうをじしょするときはあまねく

のやのしょれいにれいとくをたまい

て霊光を普く下し給い、普く人
てれいこうをくだしたまい、あまねくひと
々には善心を起こさしめ善
びとにはぜんしんをおこさしめぜん
行を行わしめ善徳あらわしめ
ぎょうをおこなわしめぜんとくあらわしめ
給うこと疑うことなし
たまうことうたがうことなし
無上霊法神道加持
むじょうれいほうしんどうかじ
諸霊供養霊徳碑文
http://sky.geocities.jp/black_se/syorei.mp3



[2141] 20180108

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2019年 1月 8日(火)04時39分34秒 zaq7ac4d037.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

かけまくもかしこき
掛巻くも畏き。
ちゅういち●のおおかみたちのおおまえに
宇宙一●ノ大神達の大神達の大前に。
かしこみかしこみもをさく
恐み恐みも白く。
くしくたへなるみたまのふゆによりて
奇しく妙成る御霊の不賴に依て。
うましけんあめがしたもろひとびとが
産化しけん天下諸人々が。
れいしんいったいうちゅういち●のかみわざをあまねく
霊神一体宇宙一●の神業を普く。
しろしめせとひろきあつきおほいつくしみをたれたまひ
所知食と廣き厚き大愛を垂れ給ひ。
このうつしおにかみのあかしやもとつのり
此の現世に神の證や元理教。
おしえのおやをうましたまひて
教えの祖を産化し給ひて。
たまのみはしらなにわのさとにふとしきたて
霊の御柱浪速の都に太しき立て。
おしえのみちにたまつどい
教の美智に霊集ひ。
ましらたまのわけみたまさずかりえて
眞白玉の分霊授かりえて。
ちょうわのすがたいえのうちそと
調和の姿家の内外。
あめがしたよものくにやすくおだたかに
天下四方の国安く穏に。
いえのなりはいいさかにいそしみつとめ
家業培彌榮に勤み務め。
たゆむことなくをこたることなくたまかずらのたゆることなく
緩事無怠事無玉葛の絶事無。
ろっこんせうじょうとはらいたまひて
六根清浄と祓給て。
あさにゆふべにとほつみをやよよのおやたち
朝に夕に遠津御祖代々之祖達。
うやからのみたまをつつしみうやまひ
親族の御霊を慎み敬ひ。
いえにもみにもまがことあらせず
家にも身にも枉月事在せず。
くしびなるみたまのふゆに
奇毘なる御恩賴に。
むくいまつらむとして
報いて奉らむと爲
たたえことをへまつるさまをたひらけくやすらけく
稱辭意奉る?を平けく安らけく。
きこしめせとかしこみかしこみまをす
聞食と恐に恐みも白す



[2140] 20180109

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2019年 1月 8日(火)04時38分17秒 zaq7ac4d037.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

浄霊
http://sky.geocities.jp/black_se/jyorei.mp3



[2139] 20180108

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2019年 1月 8日(火)04時37分30秒 zaq7ac4d037.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

消えてゆく姿で世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私達の天命が完うされますように
風さんの天命が完うされますように
ひぐりんの天命が完うされますように
さっちゃんの天命が完うされますように
みかの天命が完うされますように
ボラボラさんの天命が完うされますように
だるまさんの天命が完うされますように
エリアさんの天命が完うされますように
動物好きのおじーちゃんの天命が完うされますように
動物好きのおばーちゃんの天命が完うされますように
泉の先祖代々の霊の天命が完うされますように
伊万里の先祖代々の霊の天命が完うされますように
布施の先祖代々の霊の天命が完うされますように
山本家の先祖代々の霊の天命が完うされますように
ひぐりん家の水子の霊の天命が完うされますように
動物好きの先祖代々の霊の天命が完うされますように
さっちゃん家の先祖代々の霊の天命が完うされますように
神田家の先祖代々の霊の天命が完うされますように
守護霊様、守護神様、親様、元首様、比叡山の神々様、五井先生、宇宙大神様ありがとうございます。
五井昌久先生の統一とご法話
https://www.youtube.com/watch?v=cKe1ADxCcB8
五井先生 統一03
https://www.youtube.com/watch?v=aSTdiowH8QE



[2138] 20190108

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2019年 1月 8日(火)04時35分50秒 zaq7ac4d037.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

人間と真実の生き方

   人間は本来、神の分霊(わけみたま)であって、業生ではなく、常に守護霊、守護神によって守られているものである。
この世のなかのすべての苦悩は、人間の過去世から現在に至る誤てる想念が、その運命と現れて消えてゆく時に起る姿である。
いかなる苦悩といえど現われれば必ず消えるものであるから、消え去るのであるという強い信念と、今からよくなるのであるという善念を起し、どんな困難の中にあっても、自分を赦し人を赦し、自分を愛し人を愛す、愛と真と赦しの言行をなしつづけてゆくとともに、守護霊、守護神への感謝の心をつねに想い、世界平和の祈りを祈りつづけてゆけば、個人も人類も真の救いを体得できるものである。
https://www.youtube.com/watch?v=c0qPoFghYts


レンタル掲示板
2226件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.