根保孝栄の文芸掲示板



カテゴリ:[ 趣味 ]


77件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[119] 浅野晃は苫小牧では有名人

投稿者: 根保孝栄・石塚邦男 投稿日:2018年 1月17日(水)08時05分28秒 KD175131209158.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

浅野晃は、戦後のレッドパージ時期、右翼の戦争協力民族主義者として
アメリカの占領軍GHQより公職追放になり、
苫小牧市勇払にあった国策パルプの工場長をしていた南喜一を頼って
苫小牧市に三年隠棲生活を送り、地域の文学愛好者と交流、
歌会を開いて多くの人材を育てた。

公職追放が解除されて、東京の大正大学の教授に復帰する一方、
歌会を開いていた。
国策パルプの南喜一は、戦前、共産党に入党していて、浅野晃さんが入党時期に
親しく付き合った仲でしたが、浅野さんも南さんも監獄に入れられて転向を表明、
シャバに出ることを許されるのですが、
浅野さんは、共産党を脱退した後、
真逆の民族主義者の理論家として活躍する一方、
第一線の文芸評論家としても活躍することになるわけです。

http://6909.teacup.com/nebo/bbs




[118] そうでしたか

投稿者: 大堀敏靖 投稿日:2018年 1月16日(火)13時34分51秒 pdcd3bf0d.tubecm00.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

 根保さんの書き込みに浅野晃氏の名が飛び出したのには驚きましたが、その歌会に出席されていたとはまた驚きでした。
 20年くらい前まで私の所属している民族派団体の機関紙に寄稿されていて、いちばん楽しく拝読しておりました。
 道理で根保さんは保守的な考えにも理解を示されることがあることに、納得させられました。

 しかし、芸術は右も左もボーダレスなところがありますから、わたくしも共産党シンパの山田洋次監督の映画のファンですし、リベラルな人の多い「群系」に関わり続けられるのも文芸という芸術の包容力のおかげだと思います。

 浅野先生の人柄などエピソードがあればまたお伝えください。
 



[117] 怪物文芸評論家にして詩人・歌人の浅野晃との出会い・・・年上の女性歌人に会いたくて短歌を始めた

投稿者: 根保孝栄・石塚邦男 投稿日:2018年 1月 8日(月)17時33分11秒 KD175131209158.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・短歌を初めて作ったのは、中学三年の国語の授業でのことだった。
クラス全員「短歌一首を作れ」と国語の教師に命令された。
五、七、五、七、七・・・指で数えながらクラス全員取り組んだ。
「字数がどうしても収まらないときは、一字はみ出てもいい」
「一字少ない時は次のところで一字足せばいい」
そう指導されて作った。意外に簡単に作ることができた記憶である。
その国語の先生は、川端春雄という先生で、慶応大学の通信教育で
哲学を専攻して学んでいた。
中学の三年間担任であったが、私たちを卒業させると東京にでて
中学教師をしながら大学院に学び、慶応の哲学科の助教授になった。

・戦前戦後の文芸評論家として活躍していた浅野晃さんは
歌人としても有名であったが、
戦後大学教授の身分から進駐軍の公職追放の網にひっかかり、
知人を頼って苫小牧勇払に隠遁生活をしていた。
その浅野晃さんが東京で歌会を開いていた頃、
大学生になっていた私は、浅野さんの歌会に出席する機会に偶然恵まれた。
歌会に誘う三十歳の女性がいて、一緒にニ、三度歌会に出席することになった。。
その女性が素敵な方であったので、出席する気になっただけで、
短歌に執着していたわけでもなく、浅野晃先生を特別に思っていたわけでもなかった。

・歌会に出席するからには、自作の歌を持参しなくてはならない。
何とか三首作って持って行った。
それが出発であった。
その年上の女性と会うことが嬉しくて短歌を作るようになったのだ。
浅野晃という歌人で詩人の人物は、戦前、戦後の文壇で怪物と異名をとった大物と知ったのは、
大学で三年経ってからであった。
三島由紀夫の精神的支柱の人物であることも後に知った。

http://6909.teacup.com/nebo/bbs



[116] ガラ携から単純スマホに替えたが・・

投稿者: 根保孝栄・石塚邦男 投稿日:2018年 1月 8日(月)04時56分16秒 KD175131209158.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

スマホ携帯に替えたのが三か月前。
ところが、操作に慣れていないため、初期化してしまって、
操作不能になってしまった。
すぐさま代理店にでも持ち込むか、友人に相談して直してもらえばよかったのだが、
ほかのことに気をとられていて、一週間ほどメール使用不能のままにしておいたところ、t
短歌の弟子のひとりから、パソコンのメールに、
「通話拒否なさるなんて、そんなに嫌いになったのですか」と恨みがましい愚痴があり、
驚いてしまった。
慌てて、「故障なんだ」と打ち返して説明し、納得していただいた。
早速、代理店に持ち込んで修理していただいて、
その弟子に「修理完了」とメール、ほっと胸を撫でおろした。

なるほど、突然メール不能の拒否にあうと、
余計な妄想にとりつかれることになるのも分かる。
いい経験でした。

  ・「通じない」携帯拒否にあひたるか愚痴持ち込まれ慌て修理す   石塚 邦男

http://6909.teacup.com/nebo/bbs



[115] 大スターキアヌ・リーブズの地味な生活

投稿者: 根保孝栄・石塚邦男 投稿日:2018年 1月 5日(金)19時48分57秒 KD175131209158.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

SF映画の「マトリックス」三部作で一躍ハリウッドの大スターに駆け上がったキアヌ・リーブス。
現在、五十三歳になるが、その生活は地味で質素だ。通勤はバス、地下鉄を利用して歩く。
それは、身体を鍛えるためでもあるらしい。自宅には高級車もあるらしいが、埃をかぶったままだという。

このキアヌ・リーブスを知ったのは、言わずと知れたSF映画「マトリックス」三部作によってであった。主人公ネオが異次元の人類滅亡の危機に直面している「マトリックス」の世界で、超人に覚醒して活躍する筋書きは、聖書信奉世界らしい救世主の話であるにしても、電脳時代に突入した現代では、近未来的シチュエイションで、押井守の世界を一歩進めたSF世界として、若者に限らず大きな衝撃をあたえたものだ。

この三部作に主演したキアヌ・リーブスは、日本のアクションスター千葉真一の大フアンで、来日の際、千葉に会ったキアヌ・リーブスは大喜びで握手し大満足だったようだが、注目は、彼の質素な日常生活である。仏教徒でもある彼は仙人的生活に憧れているためか、日常は地下鉄、バス、自転車を利用して、体力の維持に努めていて、高級車を持ってはいても、ほとんど乗ることもなく、埃が被ったまま車庫に眠っているというから、徹底した都会の仙人生活だ。そこが好きだ。

http://6909.teacup.com/nebo/bbs



[114] なだらかな道・1983年その1 根保孝栄作

投稿者: 根保孝栄・石塚邦男 投稿日:2018年 1月 3日(水)10時21分16秒 KD175131209158.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

それはひとつの声だった。
亡くなった父の声のような気もしたが、そうでもない気もするのだった。
聴こえるというよりも、感ずるという表現がぴったりしている。
不気味な感じはしなかった。
妻にいうと、身体が疲れているせいではないかという。
「でも、お父さんの声だってなぜ思ったんですの?」
 父は食道癌で、痩せさらばえて死んだ。
若い頃の暴飲暴食がたたった結果だと私は思う。
死に際の父はあわれだった。
食事は一粒一滴も喉を通らず、点滴だけでひと月持ちこたえ、
最後には腹部に穴をあけて、流動食を流しこんだが駄目だった。
食道の手術は、最期まで拒み続けた。
私たち家族にできることは、静かに父の死を見守ることだけであった。
その父の声と、なぜ私が感じたのか。
「いや、そういう気がしたからだ」
私は笑いながらいった。
三十歳を過ぎてから、私は緊張しているときでも笑えるようになった。
それは、世の中のすべての事柄に
あまり身を入れて真剣に考えることがなくなったためかもしれない。
妻はそんな私を自棄になっているとやんわり忠告する。
「そんなことはない。俺は正直なだけだ」
私は自分の思った通りをいう。
「昔のあなたは、そうではなかったわ。もっとみずみずしい感性を持っていたし、物事に真剣だった」
「俺が耳にした、あの声と俺の生き方とどんな関係があるのだ」
変な方に進む妻の言葉の意味を、私は充分心得ていた。


http://6909.teacup.com/nebo/bbs



[113] 二十七歳で亡くなった石川啄木

投稿者: 根保孝栄・石塚邦男 投稿日:2018年 1月 2日(火)09時57分54秒 KD175131209158.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

北海道放浪を終えた啄木は、明治四十一年上京してすぐ、森鷗外のところに小説の原稿を持ち込む。
作家として身を立てたいと決意した啄木だった。
上京してから四十日ほどで五編・三百五十枚の作品を猛然と書いて次から次へと鷗外宅を五度も訪れ感想を受ける。
これには鷗外も呆れてたじたじとするのだが、「君、焦らないことだ」と言うほかがなかった。

啄木は自分が短命で終わることを自覚していたのだろうか・・・。
それから四年後、明治四十五年、明治が終わる年に啄木の命が尽きる・・。
・石川啄木の生年は、戸籍上では明治十九年二月二十日になっているが、
実は明治十八年十月二十七日が実際の誕生日である。

http://6909.teacup.com/nebo/bbs



[112] 乃木坂「インフルエンザー」レコード大賞

投稿者: 根保孝栄・石塚邦男 投稿日:2017年12月31日(日)05時00分28秒 KD175131209158.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

「僕に影響与える君は・・・」

乃木坂グループの女の子歌手集団「インフルエンザー」がレコード大賞に決まったが、
私の感覚では欅坂グループの「不協和音」の方が踊りも歌詞も
乃木坂グループの「インフルエンザー」よりもインパクトがあった気がする。
立憲民主党の枝野党首が好みの「不協和音」ではあるが、
「僕は嫌だ」というセリフの重みを若者に噛み締めてもらいたいな。

http://6909.teacup.com/nebo/bbs



[111] 夏目漱石の文学論「文章の混乱時代」

投稿者: 根保孝栄・石塚邦男 投稿日:2017年12月28日(木)07時34分5秒 KD175131209158.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・夏目漱石の文芸評論、時代評論、講演などを集めたものを一読した。三百五十頁、原稿用紙一千二百枚程度を興味深く、二日間で読破することができ感じたことは、漱石の筆筋は、現代に置き換えても新鮮で違和感がないものだということであった。

・四十歳頃から五十一歳の亡くなるまで十年間文筆一筋であった漱石。大学卒業後、松山中学校、熊本高等学校の教師をしたあと、三十過ぎから三年間英国留学、帰ってきて大学の教授をしていたが、年間八百円の給料では生活できず、朝日新聞の専属社員になって、月給二百円、つまり今の金額では月給二百万円を得るようになり、ようやく生活が安定した。石川啄木が明治四十三年に朝日新聞の編集部の校正係に就職したとき、月給が二十五円、今の金にして二十五万円ほどであったことからすれば、朝日新聞の漱石の待遇は重役並みの破格待遇であったことが分かる。電化製品のない時代だから、月給二百万円は、現在に比較して三倍の使いでがあったから、驚異的な特別待遇であったろう。啄木の二十五円の月給だって、遣いでから言えば、現在の七十五万円の遣いでだろう。

・「自宅で仕事ができる自由」を得て、彼の本領が発揮される。朝日新聞の専属になった漱石は、朝日新聞から自由に行動していいとされていたので、全国各地で講演、大学の臨時講師も自由にできた。また朝日新聞の文芸欄に自由に文芸評論を書くことができた上、連載小説を自由に発表できたのである。

・漱石が後世に残る膨大な作品を残すことができたのは、この朝日新聞の恵まれて待遇の環境によるところが大きい。もし、啄木がもっと経済的に恵まれていたなら、そして、少なくてもあと七、八年長生きできていたなら、かなりの仕事をすることができたろう。

・定年退職した現代の年配の書き手は、漱石ほど余裕はないささやかな年金生活であろうが、漱石と同じように作品を書く時間は充分ある。漱石に匹敵する作品をぜひ書いてもらいたいものだ。

・さて、ここで夏目漱石の文学論「文章の混乱時代」を私蔵の筑摩書房昭和四十七年初版第二刷発行の夏目漱石全集十巻に収めてある「談話」の稿277頁をかいつまんで以下に紹介してみたい。

・今日の文章の傾向は、言うまでもなく通俗になりつつあることである。
雅文も無いわけではないが、それはきわめて少数の人が作るのみで、
一般の文章家は通俗文、すなわち日常の言語に接近した文体の方に奔っているようだ。
かくのごとき傾向は何に原因して現れたかと考えてみるに、
日常の言語を使えば思う存分のことが言えて便利であるということに気付いたからである。
通俗文が勢力を得たについては、一大原因があるのだ。
これは時代というものと言語との関係上からきたものである。
人間の頭脳は時代によって違ってくる。簡単から複雑に変ってくる。
これは文学でも実用でも同様である。
しかし、ここで困るのは、現代の通俗語には歴史的な意味が含まれていないことである。
文学も歴史的連想と離れぬところに価値があるのに、
それが通俗語で物されてはどうも歴史上の美的な奥床しい感は起こらぬ。
文学者の中でも、昔の趣味を慕う人々は、今の言文一致を嫌って、
努めて古語古調を使う傾向にあるのは無理もないことである。







http://6909.teacup.com/nebo/bbs



[110] 久しぶりに短歌

投稿者: 根保孝栄・石塚邦男 投稿日:2017年12月25日(月)09時20分3秒 KD175131209158.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

石川啄木は、一晩で30、40首短歌を作るのは、普通のことだった。
私も、作るときは2、30首作る。馴れると何でもないことだ。

・記すべき言葉捨てにし悔恨を捨てにし冬の海岸の陰
・過ぎ越しの罪を今は咎めるな仰ぎし冬の月冴えわたる
・涸れ果つる涙の痕を尋ぬれば火を噴く山のなびける煙
・するめ烏賊手にして知るは海底の童話の語り恋の顛末
・並み歩くときもありたり白樺の冬の林に見ゆる親子鹿
・わが君の御世をかしこみ平成の田道間守われ何処に帰る
・虎の威をかりるや一冬過ぎしあと風邪に罹り医院に走る
・乙女子の声爽やかに聴く参道行けば平成の世は極まりぬ
・列島を飛び越え行きしミサイルの事件のあとに茶店にたむろす
・鎮まれば吹雪のあとの静寂に過ぎ越し想ひ襤褸の傷痕

・逞しく生きるは男のさだめなり重荷の言葉抱へて来たり
・眼前に開けし海の荒波に煌めく過去の想ひ重ねつ・
・海底にゆつさり嵩む塵の層鎮もる時空の悔恨の綾
・言ひ知れぬ怖れを擁く海鳴りの奥岨に架かる夢の浮橋
・頭に乗せる帽子の意味を君は問ふ窓打つ冬の季節の風を
・雨となり雪となりぬる途続く命の灯火点しし後も
・手足まで冷ゆる道筋風強し花の季節を恋ひて歩む
・自らを卑下する者の部屋に居て眉を上げ見つ窓打つ風音

http://6909.teacup.com/nebo/bbs


レンタル掲示板
77件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.